会員紹介

有限会社 旭東精工

企業名 有限会社 旭東精工
業種 電子部品・デバイス製造業
代表者名 取締役 髙尾 直樹
住所 〒653-0021
兵庫県神戸市長田区梅ヶ香町2丁目1-28
TEL 078-685-3939
FAX 078-685-3933
メール

PRメッセージ

  1. 有限会社 旭東精工

    当社は1951(昭和26)年に設立された電子部品製造業である。
    神戸電子工業(現:富士通テンの関連会社)の絶縁ガラス製造部門としてスタートし、現在もハーメチックシール部品(ガラス製絶縁部品。詳しくは後述)やセンサー、コネクタ用の絶縁ガラスを製造している。
    弊社のハーメチックシール部品製造の歴史は日本最古である。前身である神戸電子工業では、半導体メーカーとして、神戸工業(現:富士通テン)向けを主に、ゲルマニウム・シリコントランジスタなどの通信用電子部品を一貫製造していた。一旦は高度成長と共に分社解体が進み、あらゆる技術が分散したが、昭和50年頃から、機器の電子化が進むにつれ、センサー・コネクタ部品へのガラスハーメチックシール技術の採用が増加した。その性能が高く評価され、需要の拡大が現在まで継続している。省力化を目的とした産業機器(ロボット等)の普及、電気自動車化、海洋・宇宙開発の目的で、今後も需要は増えることが予測される。
    弊社もここ数年、売上・利益増が安定している。これらのニーズに対応するため、26年度、28年度のものづくり補助金採択を受けるなどし、拡張し続けている。なお、絶縁ガラスの製造においては、特殊産業であることから、製造設備は自社で設計・開発している。

    ■電子部品用の絶縁体となるガラス製造 ≪粉末ガラス成型・仮焼成≫
    ■ガラスハーメチックシール ≪カーボン治具組立・本焼成≫
    ■ガラスハーメチックシール製品の表面処理 ≪スケール除去・各種メッキ加工≫
    ■その他部品の表面処理 ≪電気ニッケル・金・無電解ニッケルメッキ他≫
    成型機・焼成炉・メッキ設備・金型など、全て自社製のため、迅速な納期対応と細かな製品規格の要求に対応できます。

    ISO9001.2008 取得認定工場

  2. 有限会社 旭東精工

    <主要設備>
    ガラス製造設備
    ・自動成型プレス機  20台(自社製)
    ・ハンドプレス機   2台
    ・連続仮焼成炉    5台
    ・各種工作機械    1式

    表面処理設備
    ・無電解ニッケルメッキライン  1基
    ・各種電気メッキライン     2基
    ・排水処理装置         1式
    ・純水装置           1式

    ハーメチックシール用設備
    ・連続シンタリング炉  3台
    ・窒素ガス発生装置   1台(神鋼エアテック PSA式)

    検査装置各種
    ・蛍光X線膜厚測定器   電測 COSMOS 3X
    ・マイクロスコープ    HIROX KH-8700
    ・画像寸法測定器     KEYENCE IM-6700
    ・Heリークディテクタ   ULVAC HELIOT900

会員検索

テキスト検索
社名、住所、取扱い品目等のキーワードで検索
業種で検索
50音で検索

Copyright © 一般社団法人 神戸市機械金属工業会 All Rights Reserved