技術交流部会ニュース

  • 【研修】『実践生産性改善(ものづくり実践塾)』参加者募集 ※会員のみ

    〈コース概要〉
    組織内の限りある経営資源の生かし方を、座学ではなく体験学習を通じて学びます。単に「わかる」ではなく「できる」ことで、生産性向上のために、「利益を創り出す方法」を習得します。

    実施日程:令和3年9月9日(木)、10日(金) 9:30~16:30 (2日間コース)
    定  員:(先着)30名
    対象者 :生産現場の運営・管理・改善業務に従事する技能・技術者
    実施場所:神戸市産業振興センター 9F 904.5室 (JR神戸駅より徒歩6分程)
    受講料 :お一人様 2,000円(資料代含む)
    講  師:テムスト㈱ キャリアコンサルタント 森 哲也
    この研修では、レゴブロックや折り紙を使用し、実際にからだで体感しながら、「生産性」「効率」について、新しい意識を再構築します。基本コンセプトは「わかるようになる研修」ではなく「できるようになる研修」です。


    詳細や申し込みは下記URLよりご確認ください。

    ▸ 実践生産性改善(ものづくり実践塾) 申込書

  • 【研修】『仕事と人を動かす現場監督者の育成』参加者募集 ※会員のみ

    ≪コース概要≫
    製造現場における作業段取りや指示、後進育成などの技能伝承を目指して、現場のリーダーとして身につけておく基本スキルを確認し、監督者として担当者との関わり方や仕事と現場を動かしていくためのポイントを習得します。

    実施日程:令和3年7月13日(火)、7月14日(水) 9:30~16:30
    定  員:(先着)30名
    対 象 者:生産現場の運営・管理・改善業務に5年以上従事する技能・技術者等
    実施場所:神戸市産業振興センター 9F 904.5室 (JR神戸駅より徒歩6分程)
    受 講 料:お一人様 2,000円(資料代含む)

    詳細やお申し込みは下記のURLよりご確認ください。

    ▸ 仕事と人を動かす現場監督者の育成 申込書

  • 【研修】『製造現場で活用するコーチング手法』参加者募集 ※会員のみ

    ≪コース概要≫
    製造現場で日々発生する安全・品質・生産性・デリバリーの課題に対して、どのような解決策があるのでしょうか?また、職場内のコミュニケーション不足が原因で、モチベーションが上がらず、当たり前のことが当たり前に行えない職場になっていませんか? 本コースでは、製造現場に特化した「コーチング術」を事例や演習を通じて習得します。

    実施日程:令和3年6月29日(火)、30日(水) 9:30~17:30
    定  員:(先着)30名
    対 象 者:生産現場における生産管理等の業務に従事する技能・技術者
    実施場所:神戸市産業振興センター 9F 904.5室 (JR神戸駅より徒歩6分程)
    受 講 料:お一人様 2,000円(資料代含む)

    詳細やお申し込みは、下記URLよりご確認ください。

    ▸ 製造現場で活用するコーチング手法 研修申込書

  • 【9/9.16】精密測定技術 研修 (定員いっぱいになりました) *会員企業のみ

    定員に達した為、募集を終了します。
    たくさんのお申込みを頂きありがとうございました(2020年7月21日)


    測定の基本である“長さ測定”において必要な測定知識と測定方法、測定の際に注意すべき点等について、測定実習を通して習得します。

    【セミナーで得られるもの】
    ・早く正確に精密に測定することができるようになります。
    ・実践的な間接測定の計算ができるようになります。

    日 程 2020年9月9日(水)、16日(水)  9:30~16:30
    定 員:(先着)10名  定員が少ないため、1社1名までの申込みです。
    対象者:若手技術者
    場 所:神戸市産業振興センター (JR神戸駅より徒歩5分程)801号室
    参加日:お一人様 5,000円(資料代含む)
    講 師:近畿職業能力開発大学校 生産技術科 指導員  佐藤 桂 氏

  • 実践生産性改善(ものづくり実践塾) *会員企業のみ

    組織の限りある経営資源の生かし方を、座学ではなく体験学習を通して学び、単に「わかる」ではなく「できる」ことで、生産性向上のために自社の「利益を創り出す方法」を習得します。
    *「レゴブロック®」を使った製品を作る中で「仕事の効率性」
    *「折鶴」を作成する中で「品質の重要性」
    これらが仕事の利益に直結する事を学ぶプログラムです!

    実施日程 令和2年8月26日(水)、9月2日(水) 9:30~17:30
    定  員  24名 
    対 象 者 生産現場の運営・管理・改善業務に5年以上従事する技能・技術者等
    実施場所 神戸市産業振興センター 9F 902.3号室
    受 講 料 12,000円
    講 師 株式会社テムスト 森 哲也 氏
    お問合せ 神戸市機械金属工業会事務局 担当:塩崎 TEL 078-360-3260

    お申込み 2枚目のセミナー申込書を当会までFAXでお送りください。

    ▸ 申込用紙

  • バイオガスユニットの見学会 in弓削牧場

    「循環型社会」に挑戦する弓削牧場では、家畜の牛の糞尿を固液に分離し、液体を撹拌する事で出来るバイオガスエネルギーをビニールハウスの暖房や搾乳機のお湯を沸かすのに使っています。このエネルギーの地産地消は、SDGsとしても注目されている取組です。

    今後、このバイオガスユニット製作に向けて、見学会へ参加頂いた企業様と一緒に検討してまいります!

    インスタグラムで写真付きで報告していますので、ぜひご覧ください。

    • バイオガスユニットの見学会 in弓削牧場
      副産物の有機液肥を利用して育てた野菜はとっても元気です。
  • 令和2年度 研修事業ニーズアンケート調査結果

    令和2年度 研修事業ニーズアンケート調査結果
    アンケート実施日:令和2年2月3日~2月14日
    回答社数:25社

    コース名
    10票①精密測定技術
    10票②切削加工の理論と実際
    4票 ③実践機械製図
    5票 ④金属材料の加工特性と切削加工現場の生産性
    8票 ⑤切削工具と被削材の見方・選び方
    15票⑥製造現場で活用するコーチング手法
    10票⑦実践生産性改善(ものづくり実践塾)
    8票 ⑧なぜなぜ分析による真の要因追求と現場改善
    7票 ⑨成功事例から学ぶ品質の維持と向上
    6票 ⑩2次元CAD (AutoCAD)
    8票 ⑪3次元CAD(SolidWorks)
    4票 ⑫CAM(MasterCAM)
    6票 ⑬汎用旋盤
    3票 ⑭フライス盤
    6票 ⑮NC旋盤
    6票 ⑯マシニングセンタ(3軸)加工・段取り
    2票 ⑰マシニングセンタ(5軸)加工・段取り
    6票 ⑱カスタムマクロ
    2票 ⑲SIerを活用した業務の効率化・コスト削減
    4票 ⑳ビッグデータ、IoT時代のためのAI入門講座
    6票 ㉑ものづくり分野におけるIoT活用

    ご協力頂きありがとうございました。

    また、新年度はこちらの調査結果を参考に計画をします。
    講師や会場の都合上、ご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

    決まり次第、ご案内いたします。
    皆様のご参加をお待ちしております。

  • 令和2年度 研修事業ニーズアンケートを実施しています。

    従業員のスキルアップを図るため近畿職業能力開発大学校、ポリテクセンター兵庫、兵庫県立神戸高等技術専門学院の協力を得て座学・実技研修をしております。
    新年度の座学研修/実技研修事業の実施に向け、ニーズアンケートを行いますので、添付データより回答のご協力をお願い致します。

    コース名
    ①精密測定技術
    ②切削加工の理論と実際
    ③実践機械製図
    ④金属材料の加工特性と切削加工現場の生産性
    ⑤切削工具と被削材の見方・選び方
    ⑥製造現場で活用するコーチング手法
    ⑦実践生産性改善(ものづくり実践塾)
    ⑧なぜなぜ分析による真の要因追求と現場改善
    ⑨成功事例から学ぶ品質の維持と向上
    ⑩2次元CAD (AutoCAD)
    ⑪3次元CAD(SolidWorks)
    ⑫CAM(MasterCAM)
    ⑬汎用旋盤
    ⑭フライス盤
    ⑮NC旋盤
    ⑯マシニングセンタ(3軸)加工・段取り
    ⑰マシニングセンタ(5軸)加工・段取り
    ⑱カスタムマクロ
    ⑲SIerを活用した業務の効率化・コスト削減
    ⑳ビッグデータ、IoT時代のためのAI入門講座
    ㉑ものづくり分野におけるIoT活用


    *詳細は添付よりご確認ください。
    *アンケート結果に副って計画しますが、講師や会場、日程の都合上、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。

    アンケートへのご協力をよろしくお願いいたします。

    ▸ アンケート用紙

  • バイオガスユニット説明会を開催しました

    令和元年11月15日(金) 神戸大学農学研究科農産食品プロセス工学研究室の井原准教授より協力のご依頼をいただき、バイオガスユニット説明会を開催しました。

    再生可能エネルギー利用や資源循環の機運が様々な産業で高まり、小型バイオガス装置への注目が高まっています。
    経済的な装置を開発できれば、畜産・食品等少量バイオマスを排出する産業において、新しいニーズがあると考えます。
    廃棄物処理装置ではなく、資源循環によって新しい価値を創生するバイオガスユニット装置の開発をめざしています。

    そんな装置製作に興味を持って頂いた企業様10社から、色々な質問を頂きました。
    今後、どんな流れになるのか注目していきたいと思います!

    ▸ バイオガスユニット資料

    • バイオガスユニット説明会を開催しました
  • 実践生産性改善(ものづくり実践塾)研修を開催しました

    2019年11月13日、20日に中堅社員向けの研修を開催しました。

    テムスト森先生に折り鶴やレゴブロックを使い実務的であり遊び心も取り入れた研修をして頂きました。
    生産性を上げる為にはどうしたらいいのか?

    最終日、参加者から研修レポートを提出頂きました。
    一部をご紹介します。

    ・折鶴やレゴを使って学んだことは分かりやすく、会社にとって作業員に過ぎないと思っていましたが、会社の戦力として今回のセミナーで学んだ事を実践していきたいと思いました。

    ・全日程でグループで議論し結論を出す方法で進められ、グループ議論の有効性を再認識、理解の深さも共有できました。またお金や納期の議論ばかりに注目し、顧客と距離が開いているのではないか、との部分に気づきを得られました。

    ・レゴでの経験は分担・段取り・計画が分かりやすく、そこに掛かる人件費や利益がいかに重要かわかった。

    ・経営側の立場になって製品を作っていない事を認識しましたので、製品の利益率についての常に意識して設計業務を行いたいと思います。

    ・ムダを見極め、チェックなどの仕事を増やすのではなく、仕事をスムーズにできるよう取り組みます。不具合に関しても個人に追及せず、仕組みを疑う事もやっていきたい。


    とっても前向きな感想を頂きました。
    研修の成果を実践の会社で生かしてくださいねー!!

    • 実践生産性改善(ものづくり実践塾)研修を開催しました
      レゴブロックを使ったチームワークの研修。
      話し合いの時間がたくさん取ら、作戦タイム!
    • 実践生産性改善(ものづくり実践塾)研修を開催しました
      レゴの研修は、チームワーク。
      時間や利益率などを競うので、白熱した研修時間でした。
    • 実践生産性改善(ものづくり実践塾)研修を開催しました
      折鶴の研修って、どんな事を学んだのでしょうか?
お問合せ

Copyright © 一般社団法人 神戸市機械金属工業会 All Rights Reserved